結婚指輪は夫婦の証です 。

最近では、結婚指輪を買わないという選択をする方も増えてきています。しかし、同じデザインの指輪を左手の薬指にはめるというのは、夫婦でしかできない事。ずっと夫婦でいるという心の証でもあるのです。

結婚指輪は夫婦の証です。

ふと、見かけた人の左の薬指にリングがあるかどうかを見ると、その人が結婚しているのかがわかります。結婚指輪はその人が、一生一緒に過ごすパートナーがいる事の証です。その結婚指輪をその人がはめるまでには、パートナーとの出会いがあり、結婚するまでの恋愛があり、結婚してからの生活があるのです。結婚指輪はその人の新しい家庭を築くまでの物語が刻まれているもの。これから、結婚して新しい家庭を持つ方には、一生寄り添うパートナーを持った証として、夫婦で同じデザインの指輪をつけることをオススメします。左手の薬指にはめる指輪は特別な意味を持ちます。パートナーの指にも、自分の指にも似合う、また歳をとってもずっとつけていられる指輪を探したい方に、ぜひ見ていただきたい指輪を多数用意しております。

結婚指輪は、二人のこれまでの出会い、結婚をへて家庭を持つことの証です。新しい家庭を築き、新しい生活を始めるにあたってパートナーとの深い絆を繋ぐものとなるのです。