ダイヤモンドが支えてくれた愛

私は茨城県つくば市在住、26才のOLです。お付き合いする彼とは「逢いたい時にはすぐに逢える」彼じゃないと絶対に駄目だと思っていました。彼とは会社関係の飲み会で偶然知り合いました。彼の前では、自分らしくいられ心から本当の彼氏だと思える存在でした。 お付き合いを初めて1年目に彼が地方転勤になり、赴任する前に二人の共通の趣味でもあるサーフィンへ出かけました。浜辺で休む私に、「結婚はまだ少し先になるけど、待っていてくれないか・・」とエンゲージリングを渡してくれました。「それって、プロポーズ?」 「うん・・」「私、待ってる!」・・・それから月に一度の遠距離デートが始まりました。 大好きな彼と離ればなれは、私には絶対に無理だと思っていましたが、薬指のエンゲージリングが支えてくれました。リングを見る度に彼を想い、暖かい気持ちになる・・それから3年後、シカゴに転勤するという彼に今度はついて行きます。二人をここまで繋げてくれたのはエンゲージリングのおかげだと思っています。



モバイルサイト  動画 men